学生が卒業旅行に行くためにローンを組むことのメリットとデメリットの詳細

> 学生が卒業旅行に行くためにローンを組むことのメリットとデメリット

学生が卒業旅行に行くためにローンを組むことのメリットとデメリット

学生生活も卒業間近になると寂しくなるものです。学生生活の思い出に卒業旅行に行く人も多いですが、旅行に行くためにはまず先立つもの「お金」がなければいけません。収入と言ってもアルバイトで定期的な収入があるぐらいの学生では、卒業旅行に行くための費用を賄うことが難しく、親からの援助や融資が難しいとなれば、自分だけで何とかしようと思うと大手消費者金融や銀行で費用捻出のためローンを組む人も少なくありません。社会人になると、夏休みや春休みなどの長期間の休みがなくなりますから、旅行などには行きづらくなってしまいます。そのため、学生のうちに行きたい場所には行っておこうという人はたくさんいますし、そのためにローンを組む人も多いのですが、学生がローンを組むことによって、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

卒業旅行のための費用を工面するための借り入れ商品はたくさんあります。金融機関によっては、卒業旅行に行くためのローンという商品があったり、使用目的が限定されていないカードローンやキャッシングなども利用できます。まず最初にすることは、自分が計画している卒業旅行にいくらの費用がかかるのかを計算することです。旅行会社に支払う旅費の他に、食費やお土産代なども必要になりますから、少し余裕を持って計算しておいた方が良いかもしれません。大体の旅費の予算が出たら、その金額をカバーしてくれるローンを探すことをおすすめします。

大学生のうちにローンを組んで卒業旅行に行くことは、いくつかのメリットがあります。まず、まとまった貯金がなくてもローンを組むことによって卒業旅行の費用を捻出できます。社会人になったばかりの頃には、いろいろを物入りになりますから、貯金を目減りすることなく旅行費用を捻出することは、学生にとって大きな安心感となります。利用目的が明白であれば、借入申し込みに当たっての審査でも場合によっては通りやすい可能性はありますし、返済期間や返済額なども相談できるため、友達との思い出を大事にしても良いでしょう。

また、ローンなら多少の手数料がかかったとしても毎月の返済も少額ずつにできるので、働きながら計画的に返済できます。クレジットカードを利用すると、翌月一括返済になることも多いのですが、ローンなら計画的に返せるので便利です。

ただし、ローンを組むことにはデメリットもあります。それは、ローンを組んだら必ず返済しなければいけません。卒業旅行のためのローンなら、旅行の後に社会人として働いて収入を得ることになるので、まったく返済のめどが立たないということはないでしょう。しかし、社会人になったばかりの年は、いろいろ入用なものも多く、出費もかさむものです。その中からローンの返済を続けることは、決して楽ではないことは、あらかじめ理解しておきましょう。初任給の月収は、税金や保険などがいろいろ引かれますから、手取りの金額は数万円少なくなると考えておくと良いですね。

更新
即日借入可能な人気のキャッシング一覧はこちら