学生キャッシングの限度額は?の詳細

> 学生キャッシングの限度額は?

学生キャッシングの限度額は?

未成年の学生であってもクレジットカードのキャッシング機能を使って現金を借りることもできますし、消費者金融会社のカードローンやキャッシング商品を利用して現金を借りることもできるという学生キャッシングは、学生が万が一急にお金が必要になってしまった時に大きな安心感となります。一般向けの商品だと、こうした金融商品を利用する場合には、まず最初に審査が行われ、返済能力があるかどうかを慎重にチェックされるだけでなく、収入の額に合わせて借り入れ可能な金額も決まります。学生の場合には、アルバイトをしていると言っても安定した収入があるわけではありませんから、限度額がどうなるのか興味がある人は多いのではないでしょうか?

ローン会社との契約ののち消費者金融からキャッシングで借りる場合には、総量規制の対象となります。総量規制というのは、利用者が多重債務者にならないように保護するためのルールで、収入の3分の1を超えない金額までしか借りられないというものです。例えば、年収が300万円の人なら、その3分の1に当たる100万円が借り入れの上限となるわけです。

自分の収入を証明するためには、身分証明書の他に源泉徴収や納税証明書などの提出が必要となりますが、多くの金融機関では50万円以下の少額融資の場合には、この証明書の提出が不要となっています。そのため、学生でも借入額が50万円以下の場合には、収入を証明する収入証明書などの書類を提出する必要がなくなるので、条件的にも借りられる可能性がでてくるのです。もちろん、学生を対象とした金融商品出なければ審査に通りにくいので、いくら借り入れ希望額が50万円以下でも、一般向けのキャッシングでは借入審査に落ちる確率が高くなるので、条件などの情報を確認し、事前に注意しましょう。

学生を対象としたキャッシングで借りる場合、どれほど高額なアルバイト料がある場合でも、学生で借りられる限度額は50万円以下となります。もちろん、海外旅行などの高額の出費が無い限り、50万円というまとまった金額を借りる必要がまったくない学生もたくさんいますし、それほど高い枠は必要ないという人もいます。また、理屈では50万円が限度額になっていますが、実際にはこの枠でキャッシングの審査に通る学生はほとんどおらず、大半の場合には10万円以下の枠になっています。キャッシングとして借りるのか、クレジットカードのキャッシング機能を利用して借りるのかは、希望やニーズによって異なりますが、学生のうちにあまりたくさん借りすぎないほうが安心かもしれません。返済能力やニーズに合わせたキャッシングを申し込み、計画的に返済することが、学生のうちに学べるお金の上手な借り方なのではないでしょうか。何事も計画的にスマートにこなすのがおすすめです。

更新
即日借入可能な人気のキャッシング一覧はこちら