学生は銀行からお金を借りることはできるの?の詳細

> 学生は銀行からお金を借りることはできるの?

学生は銀行からお金を借りることはできるの?

学生だからと言って、日常生活の中で急にお金が必要になることがないというわけではありません。学生は本業が勉強ですから、アルバイトをして収入があると言っても、その金額は限られていますし、アルバイトでは「安定した収入」というわけにはいきません。そのため、未成年者相手の利用申込み契約に当たって審査が厳しい銀行からまとまった金額のお金を借りようとすると、安定した収入がないために返済のめどが立てにくい学生の場合には、審査に通ることはなかなか難しいと言えます。

しかし、学生でもまとまったお金が急に必要になることはあります。学費の支払いには奨学金や教育ローンを活用している人はたくさんいますが、親が離婚して学費や生活費が払えなくなってしまったり、場合によっては親が急に他界してしまう事もあります。また、親が入院したりして、帰省のための交通費を自分でまかなわなければいけない場合もあるものです。

学生でも万が一のことがあるという事情を考慮して、金融機関の中には学生でも借りることができる業者がいくつかあります。現金で借りることはかなり難しいですし、安定した収入がない学生に対して簡単に貸してくれる金融業者は闇金の可能性もありますから、借りられるならどこでも良いという姿勢はやめましょう。

学生がお金を借りる場合には、いくつかの選択肢があります。まず、学生を対象にしたカードローンを使う方法です。これは、20歳以上でなければいけないだけでなく、アルバイトを続けていて定期的な収入がある場合でなければ審査に通ることができません。ただし、カードローンは使い道が自由なかわりに、金利は高めに設定されているので、教育費のように目的が決まっている場合に借りると利息がかなり高くついてしまう事も考えられます。

教育費や医療費などのように、目的がはっきり分かっている場合には、教育ローンや医療ローンなどを借りることを検討してみる方法もアリです。学生を対象にしたローンではありませんが、消費者金融の中には保護者の同意があれば未成年でもOKだったり、親が連帯保証人になることで借りられることはあるかもしれません。

ただし、消費者金融から借りる場合には、総量規制の対象になるため、収入の3分の1を超える範囲では借りることができません。借入額が50万円以下の場合には収入を証明する必要がないので、学生でもケースバイケースで借りることはできるかもしれませんが、収入を証明できない学生の場合には、どのような場合でも50万円を超えた金額を借りることはかなり難しいと言えます。

更新
即日借入可能な人気のキャッシング一覧はこちら