19歳の学生はお金を借りることはできるのか?の詳細

> 19歳の学生はお金を借りることはできるのか?

19歳の学生はお金を借りることはできるのか?

学生でも、20歳を超えていれば金融機関でお金を借りることができます。学生ではフルタイムで仕事をしているわけではありませんから、安定した収入はありません。しかし、未成年でない20歳以上の場合には、親の了承がなくてもコッソリお金を借り入れることはできます。しかし、同じ学生でも、18歳や19歳など未成年の場合には、会社勤めなどの社会人でも無い限り借り入れ利用の際にはそう簡単というわけにはいきません。この年齢は、たとえフルタイムで仕事をしていたとしても未成年なので、借り入れをしたい場合には、20歳以上で安定した収入を持つ人が代理で借りるなど、本人以外の人が申し込まなければいけません。場合によっては保護者の同意があれば借りることもできるようですが、安定した収入がない19歳の学生では、審査に通る可能性はかなり少ないと言えます。

もしも19歳の学生が親の同意なしに年齢を偽って銀行カードローンなどで金融機関から借入した場合には、いくらお金を借りていたかに関わらず、契約そのものを取り消すことができます。これは、日本には未成年者を保護する法律が存在しているためで、もしも借りたお金のいくらかを使ってしまっていた場合には、契約そのものを取り消した時点で手元に残っている残高を返還することになります。ただし、クリーンな金融機関なら、親の同意なしに19歳の学生を審査に通る業者はありません。年齢制限などで親権者の承諾があっても申し込み条件などの理由から、返済能力なども含め最初から借りることができない場合が圧倒的に多くなっています。

しかし、場合によっては学生が親に内緒で保護者の同意書に署名捺印してしまうケースがあります。この場合には契約を解除することはできず、全額を返済する義務が発生するので気をつけてください。学生だから、未成年だから、無条件で法律が保護してくれるというわけではありません。借りられないはずなのに借りられてしまう場合には、かならず落とし穴があると考えたほうが良いです。

19歳の学生でも、お金が必要になることはあるかもしれません。その場合には、消費者金融から現金で借りるのではなく、クレジットカードを作るなどして、出費を後払いにする工夫をしてみてはいかがでしょうか?金融機関の中には、学生を対象にしている学生カードを発行している所がたくさんありますし、その場合には18歳や19歳の未成年でも、クレジットカードを作ることができます。学生を対象としているカードなら、アルバイトをしていない学生でも、収入がゼロの学生でも問題なく作ることができますし、金利面でもかなり良心的に設定されているものが多いので、ぜひおすすめです。ただし、学生対象のクレジットカードを作る場合には、学生証の提示が必要となります。

更新
即日借入可能な人気のキャッシング一覧はこちら