学生のお金の借り方を知りたい

日常生活の中でお金が急に必要になってしまうのは社会人だけではありません。学生でも付き合いがありますし、サークルの飲み会があったり、友達と旅行に行ったりしたいものですし、急にお金が必要になることもあるかもしれません。学生の本業は学業ですから、学生で「正社員として働いていて安定した収入がある」ことは不可能です。金融機関からお金を借りる際には、基本的には安定した収入があることが条件になっている場合が多く、銀行などでは正社員として働いていないと審査落ちすることが多いもの。しかし、学生でもお金を借りることは不可能ではありません。

まず、学生と言っても金融機関から借りることができるのは20歳以上となります。よくあるクレジットカードやカードローンといった方法の契約申し込みをすることは難しいでしょう。なぜなら会社に勤めて居ないためです。同じ学生でも18歳や19歳の場合には未成年者になりますから、親権者である保護者に内緒で借りることはできません。また、20歳以上の学生でも、アルバイトを続けていて定期的な収入があることが、お金を借りる際の条件となるので注意しましょう。アルバイトでも単発のものは「定期的な収入」とはカウントされません。

学生がお金を借りる場合には、どのような理由で借りるのか、いくらぐらい借りるのか、返済はどうするのか、そしてどんな金融機関からどんな借り入れをするのか、借り方を気を付けなければいけません。例えば、借りる理由ですが、飲み会や旅行など娯楽のために借りたり、恋人とデートに行くために借りるような場合には、自由な目的で借りられる大手消費者金融やカード会社などのフリーローンタイプの借り方が良いでしょう。目的が自由なので金利は少し高めになりますが、万が一の時に理由を言わなくてもお金を借りることができます。

また、学生の場合にはアルバイトで得ることができる収入にも限度があるので、借りすぎないように気を付けたいものです。金融機関によっては、返済能力を超えて貸してくれる所もあるかもしれません。しかし、借りやすい所で気軽に借りてしまうと、返済する時に難しくなり、返済遅延などのトラブルを起こす原因となります。毎月のアルバイト代から無理なく返済できる金額にとどめておくようにしましょう。消費者金融のローン商品などは、WEBで返済シミュレーションもできたりするので、返済方法や返済計画をきちんと立ててから借りるようにしましょう。

借入枠の範囲であれば学生でも、即日融資を受けることは可能です。その場合には、学生や主婦など安定した収入がない人でもOKという借り入れ商品を選ぶと良いでしょう。申し込む時間帯によっては融資の受け取りが即日ではなく翌営業日になってしまう事もありますから、申し込む時間帯はできるだけ早めにしたほうが、確実にその日のうちに受け取れます。

>> 学生の即日融資についてのページはこちら